Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意

これまでも実際に東日本大震災はもちろん、地震や津波といった大規模な災害、航空機事故などに便乗した攻撃が確認されている。

特に今回の火災は、世界遺産の火災という衝撃的な映像が流れ、大手有名企業による寄付が発表されるなど、高い関心が寄せられている。募金に見せかけて金銭を送らせたり、個人情報をだまし取る行為へ特に注意が必要だ。

攻撃対象が個人とは限らない。フランスをはじめ、グローバルで事業を展開する企業なども警戒が必要だ。

公的機関になりすまして送信されたマルウェアメールはもちろん、企業の役員になりすまし、寄付に見せかけて送金を指示する「ビジネスメール詐欺(BEC)」といった手口にも気を付けたい。

再建には少なくとも数年、さらに数十年にも及ぶとの指摘も出ており、緊急を要する状況ではない。寄付を求めるメールやショートメール、ウェブサイトなどに注意し、寄付をする場合は、信頼できる公的な機関や、同機関が運営するサイトであることなどをしっかり確認した上で行う必要がある。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「特別定額給付金」便乗の「なりすましメール」に注意
【加筆訂正あり】検索結果に紛れ込む「偽Zoom」にご用心
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起