Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意

フランスのノートルダム大聖堂で発生した大規模な火災。再建に向けて大手企業を中心に寄付が始まっているが、便乗するサイバー攻撃に警戒が必要だ。

火災は現地時間4月15日から翌16日にかけて発生。フランスのマクロン大統領は、早期再建に向けた声明を発表した。

世界遺産で発生した大きな被害に対し、大手企業などが寄付に名乗りを挙げているほか、国内でも一部募金活動などの動きが出ている。火災からわずか1日で寄付金は数億ユーロにのぼると見られる。

災害発生時など、人々の関心が高まった際に注意が必要なのが善意につけ込むサイバー攻撃だ。

金銭をだまし取る詐欺、個人情報を詐取するフィッシングのほか、関連情報などに見せかけて不正なファイルを送りつけ、マルウェアに感染させる攻撃などが発生する可能性がある。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
じゃらんnet装うフィッシング攻撃が発生 - 全国旅行支援を標的か
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
神奈川新聞の偽Twitterアカウント - DMでフィッシング
四日市市の偽Instagramアカウント - 偽当選DMを送信
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意
「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも