Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」

Kaspersky Labは、マイクロソフトが4月の月例セキュリティ更新で修正したゼロデイ脆弱性「CVE-2019-0859」の詳細について明らかにした。同脆弱性をはじめ、権限昇格の脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃が目立っているという。

問題の「CVE-2019-0859」は、「Windows」において解放後のメモリへアクセスするいわゆる「Use After Free」の脆弱性。4月の月例セキュリティ更新で修正されている

同社が確認した攻撃では、「Windows 7」以降、現行より古いビルドの「Windows 10」の64ビット版を対象としており、メモリを保護する「ASLR(Address Space Layout Randomization)」を回避する手法なども用いていた。

具体的には、外部SNSサイトよりコードを取得するためのダウンローダーとして動作。「Base64」によりエンコードされたコードなどをPowerShellで実行し、最終的にはシステムの制御を奪取しようとしていた。

今回の「CVE-2019-0859」はもちろん、2018年後半より標的型攻撃で利用された「CVE-2018-8453」をはじめ、「CVE-2018-8589」「CVE-2018-8611」「CVE-2019-0797」など、同社がゼロデイ攻撃をきっかけに発見、報告した直近5件の脆弱性は、いずれも権限の昇格に関するものだったという。

(Security NEXT - 2019/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測