Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か

マイクロソフトによる12月の月例セキュリティ更新で修正された「CVE-2018-8611」が、「FruityArmor」など複数のAPTグループ
によるゼロデイ攻撃に悪用された可能性が指摘されている。

脆弱性をマイクロソフトに報告したKaspersky Labによれば、今回明らかとなった「CVE-2018-8611」は、「カーネルトランザクションマネージャー」に起因する脆弱性。

同社エクスプロイト対策において脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃を検知。調査を行ったところ、同脆弱性を確認したという。

同脆弱性を悪用されると、「Edge」「Chrome」など、ウェブブラウザにおけるサンドボックスが回避されるおそれがある。

(Security NEXT - 2018/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
「IE」脆弱性に対するゼロデイ攻撃、国内でも
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
PHPのアップデートが公開 - 複数脆弱性に対処
「Samba」に3件の脆弱性、アップデートがリリース
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
Chromeにアップデート、「クリティカル」の脆弱性を修正