Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み

マイクロソフトが11月の月例セキュリティ更新で修正した脆弱性「CVE-2018-8589」が、中東を標的とした攻撃で悪用されていたことがわかった。

問題の脆弱性「CVE-2018-8589」は、権限昇格の脆弱性。対象となるシステムにログオンする必要があるが、細工したアプリケーションより悪用することで権限の昇格が発生、攻撃対象のシステム上で任意のコードを実行できるという。

マイクロソフトでは、同脆弱性について「Windows 7」「Windows Server 2008」に影響があるとし、深刻度を4段階中2番目にあたる「重要」とレーティング、修正した。

脆弱性を報告したKaspersky Labによれば、中東を狙った限定的な攻撃で悪用されたもので、同社のエクスプロイト対策で検出。実証コードなどをマイクロソフトへ提供していたという。

なお、マイクロソフトの月例セキュリティ更新に関する本サイトの記事において、修正対象となった脆弱性の悪用は確認されていないとしていたが、誤りがあったとして謝罪、訂正している。

(Security NEXT - 2018/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ