Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃

マイクロソフトが10月の月例セキュリティ更新で修正した脆弱性「CVE-2018-8453」が、中東をターゲットとするゼロデイ攻撃に悪用されていたことがわかった。攻撃者は「Skype」経由で攻撃を試みていたという。

問題の脆弱性は、「Windows」の「Win32kコンポーネント」において権限の昇格が生じる脆弱性。同脆弱性を悪用した攻撃をKaspersky Labが検知。8月17日に報告していた。

同脆弱性は、「APT28」や「Fancy Bear」「Sednit」「Tsar Team」「Pawn Storm」としても知られる攻撃グループ「Sofacy」が悪用した「CVE-2017-0263」に類似。エクスプロイトのコードには高い技術が用いられていたという。

コマンド&コントロールサーバとの通信には「Microsoft BITS(Background Intelligent Transfer Service)」を使用するといった特徴も見られる。

(Security NEXT - 2018/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚
インフラ構成管理ツール「SaltStack」に深刻な脆弱性 - 悪用コード公開、早急に対処を
MSが4月の月例パッチ、脆弱性113件を修正 - すでに3件で悪用
「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
ゼロデイ脆弱性、攻撃対象は「Windows 7」 - 「Windows 10」への影響は限定的
「Windows」に脆弱性、すでにゼロデイ攻撃も - 回避策などの実施を
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「IE」脆弱性に対するゼロデイ攻撃、国内でも