Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査

サイバー攻撃が発生した場合に、回復に必要となるスタッフを十分に確保できていると答えた組織は30%。一方、スキルを備えたサイバーセキュリティ人材を採用し、つなぎ止めておくことを「かなり難しい」「難しい」と考える組織が75%と4分の3にのぼった。

また48%は、組織で配備されているセキュリティツールの数が多すぎて、結果的に運用が複雑になり、セキュリティ状況の可視性が損なわれていると回答している。

ID管理や認証、インシデント対応、セキュリティイベント管理など自動化の技術を「よく使用している」との回答は23%。で、4分の1を下回った。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究
2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
主要行、「SPF」の利用進むも約7割が「DMARC」未導入