Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査

組織全体に一貫して適用するインシデント対応計画がないとする企業が8割近くにのぼるとの調査結果を米IBMが取りまとめた。また半数近くがEUの一般データ保護規則(GDPR)に対し、完全な遵守を実現していないという。

同社が組織におけるサイバー攻撃に対する対応や被害発生時の復旧における準備状況についてグローバル調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

米国、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、ブラジル、オーストラリア、中東およびアジア太平洋を含む全世界3600を超えるセキュリティとITの専門家から回答を得た。

サイバーセキュリティのインシデントに対し、回答者の77%が組織全体に適用する対応計画の用意がないと回答。

対応計画を導入している組織であっても、54%は定期的な検証を行っていなかった。また46%は、GDPRの完全な遵守は実現できていないと答えている。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
国内セキュ人材は前年比40.4%増、それでも5.6万人不足 - (ISC)2調査
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働