Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる

2018年におけるワールドワイドの調査で18%の組織がクラウド関連のセキュリティインシデントを経験していたことがわかった。「設定ミス」を脅威と捉えるIT担当者も多い。

Check Point Software Technologiesが、サイバー攻撃の動向を取りまとめたもの。同社が運用する脅威情報ネットワークや過去1年間の調査活動、IT担当者や経営層を対象にしたアンケート結果などをもとに取りまとめた。

2018年は、調査対象における18%の組織において情報漏洩やデータ侵害、アカウントの乗っ取りなどをはじめとするクラウド関連のセキュリティインシデントを経験していたことがわかった。

62%のIT担当者がパブリッククラウドにおけるセキュリティ脅威として「クラウドプラットフォームの設定ミス」と考えていることも明らかになった。

(Security NEXT - 2019/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価