Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に

マルウェア感染やシステム破損などが生じたと思い込ませる偽の警告画面を表示し、サポート契約や製品の購入を迫る詐欺も2018年は再び活発化している。

同社への問い合わせ件数は、2017年が756件だったのに対し、2018年は上半期は2291件、下半期には6323件へと増加した。

実際には存在しない性的な内容をちらつかせ、金銭をだまし取るスパムは、9月中旬ごろより日本語で記載されたものが登場。

9月から12月まで同社が把握しただけで少なくとも15万件以上に及んだ。送金先となる仮想通貨の口座を調査したところ、2018年末の時点で1182万円相当のBitcoinが入金されていた。

(Security NEXT - 2019/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも