Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に

トレンドマイクロは、フィッシングサイトへ誘導されるケースが前年の約2.5倍に拡大したことを明らかにした。「Amazon」「Apple」など大手ITブランドを装うケースが半数近くを占めるという。

同社製品の国内利用者においてフィッシングサイトに誘導された件数を取りまとめたもの。2017年の180万5038件から約2.5倍にあたる443万1970件に増加した。

ブランドが悪用された企業を業種別に見ると、「大手IT企業」が44.3%、「銀行、信販」が34%、「仮想通貨関連サービス」が7.2%、「プロバイダ」が2.1%だった。

宅配業者の不在通知を偽装するSMSから不正サイトへ誘導して不正アプリをインストールさせる「スミッシング」は、2018年第1四半期の2万9700件から第3四半期には21万件と約7倍に拡大。第4四半期も25万件超となった。

20190301_tm_001.jpg
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー数(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2019/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起