Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に

トレンドマイクロは、フィッシングサイトへ誘導されるケースが前年の約2.5倍に拡大したことを明らかにした。「Amazon」「Apple」など大手ITブランドを装うケースが半数近くを占めるという。

同社製品の国内利用者においてフィッシングサイトに誘導された件数を取りまとめたもの。2017年の180万5038件から約2.5倍にあたる443万1970件に増加した。

ブランドが悪用された企業を業種別に見ると、「大手IT企業」が44.3%、「銀行、信販」が34%、「仮想通貨関連サービス」が7.2%、「プロバイダ」が2.1%だった。

宅配業者の不在通知を偽装するSMSから不正サイトへ誘導して不正アプリをインストールさせる「スミッシング」は、2018年第1四半期の2万9700件から第3四半期には21万件と約7倍に拡大。第4四半期も25万件超となった。

20190301_tm_001.jpg
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー数(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2019/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多