Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市

アカウントが不正アクセスを受けたことにともない、同アカウントで送受信したメール2431件や、アドレス帳に登録されていたメールアドレス94件が閲覧された可能性がある。

部性アクセスを受けた原因はわかっていない。問題のメールアカウントでは、8桁以上で英数字の大文字と小文字が混在するパスワードを利用していたという。

今回の問題を受け、同校では個人情報が漏洩した可能性がある関係者に対し、メールで謝罪。市内全校のメールアカウントのパスワード変更や、全校務用パソコンのマルウェアスキャンなどを実施した。

またメールサービスのパスワードの定期的な変更をルール化するとともに、システム管理会社と連携しながら監視体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2019/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
複数自治体が導入進めるクラウドがスパム踏み台に - メンテ時の設定ミスで
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県