Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年4Qの脆弱性届出は93件 - 「ソフト」「サイト」ともに大幅減

ソフトウェアに関する脆弱性の内訳を見ると、「スマートフォン向けアプリ」と「ルータ」が9件で最多。次いで「ウェブアプリケーションソフト(8件)」となっている。

脆弱性の内容を見ると、「ウェブアプリケーションの脆弱性」が23件でもっとも多く、次いで「その他実装上の不備(14件)」と続く。

脆弱性が悪用された場合の影響は、「データベースの不正操作」が13件と目立っており、「任意のスクリプトの実行(11件)」が次いで多かった。

同四半期に脆弱性の修正が完了し、「JVN」で公表したソフトウェア製品は64件で累計1936件。あらたに「連絡不能開発者」として公表された製品開発者名はいなかった。

(Security NEXT - 2019/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
米政府、「PrintNightmare」で緊急指令 - 複数攻撃者が悪用
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加