Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、ロシア関与疑われる不正アカウントを凍結 - 100万件以上のフォロー

2013年10月以降、広告費として約13万5000ドルが支払われており、2019年に入ってからも広告を表示。実際に開催したかは不明だが、190近くのイベントを開催した記録も残っている。

あわせて同社は、米法執行機関から寄せられた情報をもとに、ウクライナのニュース記事を共有していたFacebookページ、グループ、アカウントなど107件や、Instagramのアカウント41件を排除した。

FacebookとInstagramで26ページを発信。77件のFacebookアカウントや4件のグループには、約18万0000件のアカウントがフォロー。Instagramでは41件のアカウントに対し、フォローするアカウントが5万5000以上にのぼった。

これらページの活動は、技術面においてロシアの調査会社「Internet Research Agency(IRA)」による活動との重複も確認されたとしている。

(Security NEXT - 2019/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響