Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、ロシア関与疑われる不正アカウントを凍結 - 100万件以上のフォロー

Facebookは、「Facebook」や「Instagram」において、ロシアが関与したと見られる偽情報の発信ページやアカウントなどを凍結したことを明らかにした。こうしたページは、100万件以上のアカウントによってフォローされていたという。

20190121_fb_001.jpg
削除されたページの一部(画像:Facebook)

法執行機関やセキュリティ専門家をはじめ、連携して調査を行い、虚偽の表示や偽アカウントなどSNS上で展開していた2種類の活動を特定、対処したもの。

ウクライナや不特定多数の国を対象とする2種類の活動が確認されたという。双方に関連性は確認されていないが、いずれもロシアが関与したと見られている。

ロシアを起点とし、バルト諸国、中央アジア、コーカサス、中央および東ヨーロッパなどを対象に活動したと見られる活動では、75のFacebookアカウントと289ページを削除した。

独立したニュースを装って情報が発信されていたが、ロシアの通信社Sputnikの従業員と関係性を確認。NATOへの反感や抗議活動を煽る内容を発信していた。これらページに対しては、約79万アカウントがフォローしていた。

(Security NEXT - 2019/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
Facebook投稿写真に顧客の氏名 - 高速バス会社