Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計

日本マイクロソフトは、2018年12月の時点で約2700万台の「Windows 7」の搭載端末が稼働しているとの推計値を公表した。

同月にMM総研が実施した調査をベースに、マイクロソフトが推計値を試算したもの。法人では、約1600万台の「Windows 7」搭載端末が稼働。コンシューマーにおいても、約1100万台が稼働していると見られている。

一方「Windows Server 2008」に関しては、日本国内で約48万台が稼働。2018年8月の時点では約53万8000台との推計値を同社では発表しており、約4カ月で5万台弱が減少した。

両製品ともに米時間2020年1月14日にサポートが終了する予定。「延長セキュリティ更新プログラム(ESU)」を契約した場合を除き、同日以降はセキュリティ更新プログラムが提供されなくなる。両製品ともに重大な脆弱性が引き続き報告されているが、こうした脆弱性を修正することができなくなるほか、脆弱性の影響を把握することも困難となる。

同社では、「延長セキュリティ更新プログラム(ESU)」のほか、あらたな移行支援策を発表し、最新製品への移行を促している。

(Security NEXT - 2019/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
EOL目前「Windows 7」、いまだ約1500万台が稼働
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
2020年における企業の「Windows 10」比率は約5割 - IDC Japan予測
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
1割弱が旧版IEを利用 - まもなくサポート終了で危険な状態に