Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減

2022年第2四半期に脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」へ登録された脆弱性情報は2325件だった。2期連続で減少している。

「JVN iPedia」は脆弱性対策情報を収録するデータベース。2007年4月より公開されており、国内ソフトウェア開発者の公表情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」、米国立標準技術研究所(NIST)が運用する脆弱性データベース「NVD」の公開情報などを収録している。

情報処理推進機構(IPA)によれば、同四半期に登録された脆弱性情報は2325件。前四半期の3780件から1455件減となった。2020年第4四半期以降、4期連続で増加していたが、前四半期から減少に転じている。

情報の収集元を見ると、「NVD」が2154件で前四半期の3488件を大きく下回った。「JVN」についても289件から171件へと減少している。国内製品開発者が公表した情報の登録はない。累計14万3807件となり、英語版は33件を追加し、2447件となった。

20220722_ip_001.jpg
「JVN iPedia」における登録件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2022/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

QNAPに複数脆弱性 - アップデートで11件の脆弱性を解消
NTTドコモの顧客情報最大約529万件が流出した可能性
関西電力かたるフィッシング - 未払い料金の請求を偽装
「サイバー攻撃演習訓練実施マニュアル」を公開 - 日本シーサート協議会
Windowsの「Snipping Tool」にアップデート - 加工前に復元できる脆弱性
IBMの暗号鍵管理製品に複数の脆弱性 - アップデートを
コンビニ交付サービス、高負荷で別人の住民票 - 横浜市
ランサム被害の暗号化データにクレカ情報も - 日本盛
標的型攻撃メールでPCがマルウェア感染 - 東大研究機関
「OpenSSL」にあらたな脆弱性2件 - 今後のアップデートで修正予定