Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増

2022年第3四半期に脆弱性対策情報のデータベース「JVN iPedia」へ登録された脆弱性情報は4459件だった。前四半期の約1.9倍と大きく増加している。

「JVN iPedia」は、2007年4月より公開されている脆弱性対策情報を収録したデータベース。国内のソフトウェア開発者による公表情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」、米国立標準技術研究所(NIST)が運用する脆弱性データベース「NVD」の公開情報などを収録している。

情報処理推進機構(IPA)によれば、同四半期に登録された脆弱性情報は4459件。前四半期の2325件から2134件増加した。2022年に入り、2期連続で減少していたが、同四半期は増加に転じている。累計では14万8266件。英語版は36件の追加があり2483件。

同四半期における登録情報の収集もとを見ると、「NVD」が4152件。前四半期の2154件を大きく上回った。「JVN」に関しても、305件と件数としては少ないものの、前四半期の171件から増加している。国内製品開発者の公表情報は2件の登録があった。

脆弱性の種類を見ると、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」が678件でもっとも多く、「境界外書き込み(336件)」「境界外読み取り(192件)」「SQLインジェクション(169件)」「パストラバーサル(120件)」と続く。

(Security NEXT - 2022/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開