Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1

2020年第4四半期に脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」に登録された脆弱性情報は1423件だった。減少傾向が続いており、前年同期の3分の1に縮小している。

「JVN iPedia」は、2007年4月より公開されている脆弱性対策情報のデータベース。国内のソフトウェア開発者が公表した情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」、米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の公開情報などを収録している。

情報処理推進機構(IPA)によれば、同四半期に登録された脆弱性情報は1423件。前四半期の3082件から半減した。内訳を見ると、国内製品開発者による登録情報が3件、「JVN」の掲載情報が179件、「NVD」の情報が1241件。累計登録件数は12万5388件で、英語版はあらたに29件登録され、累計2217件となった。

おもに「NVD」の情報が減少していることを理由として、2020年第2四半期以降、特に目立って減少。前年同期と比較すると、約3分の1の水準にまで下がった。

登録された脆弱性を種類別に見ると、「不適切な権限管理」が138件でもっとも多く、「クロスサイトスクリプティング」が136件、「不適切な入力確認」が84件、「情報漏洩」が75件で続く。

(Security NEXT - 2021/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消