Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少

2022年第1四半期に脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」へ登録された脆弱性情報は、前四半期比2割減となった。増加傾向が続いていたが、5四半期ぶりに減少へ転じている。

「JVN iPedia」は脆弱性対策情報を収録するデータベース。2007年4月より公開されており、国内ソフトウェア開発者の公表情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」、米国立標準技術研究所(NIST)が運用する脆弱性データベース「NVD」の公開情報などを収録している。

情報処理推進機構(IPA)によれば、同四半期に登録された脆弱性情報は3780件。前四半期の4676件を896件下回り、19.2%減となった。2020年第4四半期以降、4期連続で増加していたが減少に転じている。

収集元を見ると、「NVD」が3488件、「JVN」が289件、国内製品開発者が公表した情報が3件だった。累計で14万1482件となる。英語版は39件の追加があり、2414件となった。

(Security NEXT - 2022/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
WP向けeラーニングプラグインに再度深刻な脆弱性が判明
Fortra製ワークフロー管理ツールのエージェントに深刻な脆弱性
「WordPress」に脆弱性 - 1月のアップデートで修正済み
「Node.js」が脆弱性2件を修正 - さらなるアップデートも予定
WPプラグイン「LayerSlider」に深刻な脆弱性 - 発見者は報奨金最高額を獲得