Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など

日本マイクロソフトは、1年後にサポート終了が控えている「Windows 7」「Windows Server 2008」について、移行支援策を発表した。

2020年1月14日でサポートが終了となる「Windows 7」「Windows Server 2008」について、最新環境への早期の移行を支援するもの。

サーバについては、クラウド環境への移行を支援するため、2019年第1四半期中に「Azure Data Box」を提供。専用デバイスに大容量データを格納し、Azureのデータセンターに送付することで、ネットワークを介さずデータ移行が行えるとしている。

あわせて、ファイルサーバと「Azure」上のファイルストレージを同期するサービス「Azure File Sync」を2019年第1四半期中に提供開始する予定。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市