Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など

日本マイクロソフトは、1年後にサポート終了が控えている「Windows 7」「Windows Server 2008」について、移行支援策を発表した。

2020年1月14日でサポートが終了となる「Windows 7」「Windows Server 2008」について、最新環境への早期の移行を支援するもの。

サーバについては、クラウド環境への移行を支援するため、2019年第1四半期中に「Azure Data Box」を提供。専用デバイスに大容量データを格納し、Azureのデータセンターに送付することで、ネットワークを介さずデータ移行が行えるとしている。

あわせて、ファイルサーバと「Azure」上のファイルストレージを同期するサービス「Azure File Sync」を2019年第1四半期中に提供開始する予定。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - サンウェル
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協