Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも

10月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は、前月から11.6%減となる1100件だった。

同協議会によれば、10月のフィッシングの報告件数は1100件。前月の1244件を144件下回った。5月から5か月連続で報告数が減少している。

3月以降は2000件前後で推移し、5月には2701件に達したが、その後は減少傾向が続いている。

一方、フィッシング攻撃に悪用されたURLは885件。前月を39件上回った。6月以降、800件から1000件のレンジで推移している。悪用されたブランド件数は31件で、前月から3件減少した。

20181105_ap_001.jpg

(Security NEXT - 2018/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁