Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超

2013年10月から2018年5月にかけて、同センターや国際法執行機関で把握した報告件数は、ワールドワイドで7万8617件、125億3694万8299ドルにのぼる。

また同センターが報告を受けた被害に関して、被害者の地域が把握できたケースを見ると、4万3623件のうち4万1058件が米国に集中。米国以外は2565件だった。それぞれ29億3516万1457ドル、6億7191万5009ドルの金銭的な被害が生じた。

一方送金先は、調査を開始した2016年6月から2018年5月までに3万787件を把握しており、米国内の受取人が1万9335件、被害額は16億2997万5562ドルだったのに対し、受取人が米国外だったケースは1万1452件、16億9078万8278ドルだった。

20180717_ic_002.jpg
被害額と送金額の比較(発表内容をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2018/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を