Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超

関係者などになりすまし、金銭をだまし取る「ビジネスメール詐欺(BEC)」の被害は、2013年10月以降に発生したものだけで、7万8000件以上にのぼり、被害額は125億ドル超に達している。

米連邦捜査局(FBI)のインターネット犯罪苦情センター(IC3)が、「ビジネスメール詐欺(BEC)」や「メールアカウント侵害(EAC)」の被害状況を取りまとめたもの。送金はもちろん、メールアカウントの詐取、従業員の個人情報や賃金などが要求された詐欺も含まれる。

BECでは、規模にかかわらず企業や個人が標的とされており、被害額は2016年12月から2018年5月にかけての1年半で136%増を記録。米国の全州や150カ国で報告されており、115カ国へ送金するよう要求されていた。

同センターによると、特に中国や香港にあるアジア系銀行が送金先として指定されるケースが多いが、イギリス、メキシコ、トルコなどの金融機関へ送金を求めるケースも最近目立つという。

(Security NEXT - 2018/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも