Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を

情報処理推進機構(IPA)は、2022年第2四半期に標的型攻撃の関連情報4件をはじめ、35件の情報を「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」を通じて共有したことを明らかにした。

「J-CSIP」は、サイバー攻撃の情報共有や早期対応に向けた取り組みで、2011年10月に発足。IPAが事務局を担当しており、13業界279組織のほか、医療業界4団体、水道業界9組織が連携している。

同四半期に参加組織より寄せられた情報提供は134件。前四半期の51件から約2.6倍に増加した。一方、このうち標的型攻撃メールとみなしたものは4件で前四半期の12件から減少している。

IPAではこれら4件にくわえて、独自に入手した30件などあわせ、35件の情報を参加組織にて共有した。「BEC」やフィッシング、マルウェアなどに関する情報も含まれる。

マルウェアに関しては、「EDR」によって2年前に受信したメールの添付ファイルより検知されたとの情報提供があったという。マクロを有効化すると外部よりファイルをダウンロードする手口で、開封当時は接続先に不正ファイルが存在しておらず、実被害は発生していなかった。

IPAでは同ケースを踏まえ、セキュリティ製品で過去に検知されなかった受信メールについても安全とは限らないと指摘。古いメールについても不審と思えたり、不審な添付ファイルを開いてしまった場合には、情報システム部門などへ報告することを求めている。

(Security NEXT - 2022/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞