Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大

転送設定が行われた5月16日から、アカウントを凍結した同月28日にかけて、これらアカウントで受信したメール275件が外部に流出した。受信したメールには、学生の個人情報や、学外関係者の情報も含まれるとしている。

またこれらアカウントの送受信フォルダに保存されていたメールが、攻撃者によって閲覧された可能性がある。

同大では、関係者に対して事情を説明して謝罪を行った。被害などの報告は受けていないという。また不正にメールの転送設定が行われないよう、システムの設定を変更している。

(Security NEXT - 2018/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
コロナ患者情報を誤送信、表計算ファイル内に残存 - 静岡県
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」