Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念

複数の企業間でパーソナルデータを共有することで実現する消費者向けサービスについて、約半数が利用に否定的なことがわかった。理由について、7割が情報漏洩の懸念を挙げている。

NTTデータ経営研究所が、「NTTコムリサーチ」の登録モニターを対象にインターネットアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。10代から60代の男女1150人が回答している。

サービスを利用する際の開始手続きで、ウェブサイトを利用している割合は71%。「企業が設けている窓口(12.9%)」「郵送(9.9%)」「電話(6.3%)」を大きく上回った。サービスの新規契約手続きについて、67.6%が「不便」「どちらかといえば不便」と感じている。

73.4%は、ウェブサービスを利用する際のIDとパスワードの管理を、「不便」「どちらかといえば不便」と感じており、71.7%がIDやパスワードを「よく忘れる」あるいは「たまに忘れる」と回答。7割以上が実際に忘れた経験を持っていた。

20180423_nd_001.jpg
パスワードを忘れた経験(グラフ:NTTデータ経営研究所)

(Security NEXT - 2018/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験