Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大

京都教育大学において、ウェブメールのアカウントが乗っ取られ、フィッシングメールを送信する際の踏み台に悪用されたことがわかった。セキュリティ対策の強化を検討しているが、費用確保が難しい状況に置かれているという。

同大によれば、2月10日から11日にかけて、メールシステムに対する不正アクセスがあり、アカウント1件が踏み台として悪用されたもの。デンマークのIPアドレスから不正アクセスが行われ、約36万件のメールアドレスに対してフィッシングメールが送信されたという。

メールのアカウント情報は、フィッシングメールを通じて詐取されたものと見られている。問題のメールでは、メールシステムのヘルプデスクが発信したかのように見せかけており、「メールボックスの保存容量が上限に達した」などとだます内容だった。

同大では、個人情報や機密情報などの送信に同メールアカウントを利用したことはないとしているが、ウェブメールが不正アクセスを受けたため、送受信先の情報やメールの記載内容が閲覧された可能性は否定できないとしている。

(Security NEXT - 2018/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き