Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ

「memcachedサーバ」は、リフレクション攻撃における増幅率が高く、さらにメモリキャッシュサーバの性質上、データセンターなどネットワーク環境がよい条件のもと運用されていることから、踏み台として悪用された場合に大きな影響を及ぼすおそれがある。

悪用可能な「memcachedサーバ」は数万台規模で稼働していると見られており、Arborでは対処が進まない限り、テラビット単位の攻撃が続くとの見方を示した。

「memcachedサーバ」に関しては国内でも踏み台に悪用される被害がJPCERTコーディネーションセンターに報告されており、注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10