Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モデムの制御サーバにマルウェア - 浜松ケーブルテレビ

浜松ケーブルテレビは、インターネット接続サービスで利用するモデムの制御サーバが侵害されたことを明らかにした。

同社によれば、2022年11月21日20時ごろから同月29日18時半ごろにかけて、同社が同軸インターネットサービスを提供するために利用しているケーブルモデムの制御サーバを侵害されたもの。

11月21日にモデム制御サーバを変更したが、あらたなサーバにおいてセキュリティ上の設定に不備があったという。同月29日に侵害された可能性が判明。ネットワークからサーバを切り離すとともに、翌30日に旧サーバへ切り戻し、更新作業前の状態へと復旧させた。

外部事業者が調査を行ったところ、マルウェア「XorDdos」を用いて外部にDDos攻撃を行っていたことが明らかになったという。

さらに同軸インターネットを利用する顧客最大2万2671件の住所や、契約者の管理に用いている顧客IDなど、サーバ内部に保存されていた情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

氏名など契約に関する他個人情報は別サーバで管理しており流出のおそれはないとしている。

(Security NEXT - 2023/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース