Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック

DDoS攻撃の踏み台に利用されるおそれがある外部公開された「memcached」のシステムが、5万台以上存在していることがわかった。

2月28日に「Github」に対して展開された大規模攻撃を緩和したAkamai Technologiesが明らかにしたもの。

同社によれば、インターネット上に意図せず公開されており、踏み台として利用できるメモリキャッシュサーバ「memcached」のシステムは、5万台以上あることを把握しているという。

リフレクション攻撃による増幅率については、正確な数字を出すことは難しいとしながらも、現在同社が観測している攻撃では、踏み台1カ所あたり、1Gbps近くの攻撃が行われていた。

20180302_at_001.jpg
Akamai Technologiesが観測したDDoS攻撃のトラフィック

(Security NEXT - 2018/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、件数減少するも29Gbps規模の攻撃
香川県のサイトが一時閲覧不能に - DDoS攻撃か
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
1月のDDoS攻撃、前月比4割増 - 最大規模は2.2Gbps
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
12月のDDoS攻撃、前月比約2割減 - IIJまとめ
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇