Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック

DDoS攻撃の踏み台に利用されるおそれがある外部公開された「memcached」のシステムが、5万台以上存在していることがわかった。

2月28日に「Github」に対して展開された大規模攻撃を緩和したAkamai Technologiesが明らかにしたもの。

同社によれば、インターネット上に意図せず公開されており、踏み台として利用できるメモリキャッシュサーバ「memcached」のシステムは、5万台以上あることを把握しているという。

リフレクション攻撃による増幅率については、正確な数字を出すことは難しいとしながらも、現在同社が観測している攻撃では、踏み台1カ所あたり、1Gbps近くの攻撃が行われていた。

20180302_at_001.jpg
Akamai Technologiesが観測したDDoS攻撃のトラフィック

(Security NEXT - 2018/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
「DDoS攻撃」の脅迫メール、国内組織にも - 新手法も活用
9月後半に多数のDDoS攻撃を観測 - IIJまとめ
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
【特別企画】上半期登場の新手DDoS攻撃を名和氏が分析 - 状況認識のための可視化の重要性を解説
8月のDDoS攻撃、前月比1割増 - IIJまとめ
「FONルータ」がDDoS攻撃に悪用されるおそれ - 修正更新を実施
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
7月のDDoS攻撃検知が1.5倍に、約76Gbpsの攻撃も
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに