Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広島県にDDoS攻撃 - 県や市町のウェブ閲覧や防災メール配信に影響

広島県は、2月16日9時過ぎより、断続的にDDoS攻撃を受けていることを明らかにした。同県や県内自治体のウェブサイトを閲覧しにくい状態や防災メールの配信など影響が出ている。

同県や23市町がインターネットへ接続する際に用いる同県セキュリティクラウドに対し、30分から1時間ごとにDDoS攻撃が行われているもの。

DNSサーバへ大量にリクエストを送信して負荷をかけ、名前解決を妨害する「DNSフラッド攻撃」を受けており、セキュリティクラウド配下にある同県や同県市町のサーバへアクセスしづらい状態が発生。ウェブサイトの閲覧に支障が出ているほか、広島市では、同市防災情報メールの到達が遅延するといった影響もでているという。

同県では、同県や県内自治体のサーバへアクセスしづらい場合は、しばらく時間をおいてアクセスするようアナウンス。広島市は避難情報の入手にあたり、影響を受けていない緊急速報メールや同市公式LINE、テレビのデータ放送などを活用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
渋谷区公式サイトで閲覧障害 - ネット活動家による犯行声明も
Windows経由でIoT機器に感染広げるボットネット - 標的は「Minecraft」
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
DDoS攻撃の観測件数が減少、一方で100Gbps超の攻撃も - IIJレポート
米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表