Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的

イランが関与すると見られる攻撃グループが、悪質なサイバー攻撃を展開しているとして米英豪政府が注意喚起を行った。「Fortinet」「Microsoft Exchange」の脆弱性が標的となっているという。

イラン政府から支援を受けたグループによる攻撃が継続的に展開されており、より巧妙化しているとして米連邦捜査局(FBI)や米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)、イギリス国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)、オーストラリアサイバーセキュリティセンター(ACSC)が共同でセキュリティアドバイザリをリリースしたもの。

APT活動に関連が高いと判断した攻撃の具体的な手口を明らかにするとともに、観測された脅威情報「IoC(Indicators of Compromise)」を公開。重要インフラ組織に対し、アドバイザリの推奨事項を適用するよう求めた。

具体的には、攻撃の足がかりとして少なくとも2021年3月よりFortinetの「FortiOS」に明らかとなった脆弱性「CVE-2018-13379」「CVE-2019-5591」「CVE-2020-12812」を悪用。

さらに10月からは「Microsoft Exchange」の脆弱性「CVE-2021-34473」を利用してシステムの初期アクセスを獲得してランサムウェアなどを展開していることを把握しているという。

(Security NEXT - 2021/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社