Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月21日ごろより「memcached」狙うアクセスが増加 - 悪用報告も

メモリキャッシュサーバ「memcached」を狙ったと見られるアクセスの増加が観測されている。DDoS攻撃の踏み台に悪用されたと見られる報告もあるという。

注意喚起を行ったJPCERTコーディネーションセンターによれば、2月21日ごろから「memcached」が利用するUDP 11211番ポートに対するアクセスが増加しているという。

20180227_jp_001.jpg
11211番ポートに対するスキャン状況(グラフ:JPCERT/CC)

同センターの観測システムでパケットの増加を観測したほか、外部からも同センターに情報が寄せられている。さらに同サーバがDDoS攻撃の踏み台に悪用されたと見られるケースについても報告を受けているという。

「memcached」をデフォルトのまま利用している場合など、サーバが外部に意図せず公開されている場合があり、攻撃の踏み台に利用されたり、情報漏洩につながるおそれがあると同センターでは危険性を指摘。利用者にアクセス制御を適切に実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で