Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加

2月はフィッシングサイトに用いられたURLが、前月比1.2倍に拡大した。フィッシング攻撃でなりすまし被害に遭うブランドも増加している。

20180301_ap_001.jpg
フィッシングサイトに利用されたURLの件数(グラフ:フィ対協)

フィッシング対策協議会によると、2月に寄せられたフィッシングの報告件数は前月比42件減となる836件。1396件でピークを迎えた2017年12月以降、3カ月連続で減少した。

一方でフィッシングサイトに誘導するため利用されたURLは648件。2017年9月に1212件まで拡大したが、以降は減少傾向が続き、1月は半数以下となる537件まで改善するも、2月は再び増加に転じている。

フィッシング攻撃に悪用されたブランドも増加しており、前月を5件上回る30件となった。30件を超えたのは、調査開始以降2回目で、2011年5月の43件に次いで多い数字だった。

(Security NEXT - 2018/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多