Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向

国別に攻撃元となったホストの件数を見ると、もっとも多かったのは「中国」で19万9578件。11月末から12月初旬にかけて、マルウェアに感染したIoT機器が発信元と見られるアクセスが増加し、前月の2.8倍へと拡大した。「ブラジル」が12万4439件で続いている。

ブラジルに次いで多かったのが「日本」。前回11月の2万7693件を上回り、3万5392件のホストから攻撃が行われた。10月以前は、国内からの攻撃は少なく、上位20カ国に入っていなかったが、11月以降増加傾向にあり、マルウェアに感染して攻撃の踏み台に利用されているIoT機器が増加している可能性があるという。

また実験を通じて収集したマルウェアの検体をVirusTotalで4社のエンジンにより検査したところ、あわせて49種類、598件のマルウェアを確認。前月より約30%減少した。

マルウェア対策エンジンによって検知数は異なるが、「Linux.Lightaidra」「Linux.Gafgyt」「BASHLITE」「Linux/Mirai」が目立った。

(Security NEXT - 2018/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会
BSIグループとイエラエ、IoTセキュリティ分野で協業
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ