Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず

2017年度のセキュリティ事件認知度ランキングは以下のとおり。

1位:ランサムウェア「WannaCrypt」の大規模攻撃、国内でも製造や運輸などで被害が発生
2位:Amazonほか、大手宅配業者の商品の発送や宅配便のお知らせを装った偽メールが増加
3位:無線LANの暗号化規格であるWPA2の脆弱性(KRACK、KRACKs)が発見される
4位:米Yahoo!で、不正アクセスにより最終的に30億人分以上の個人情報が漏洩
5位:マルウェア作成など中高生によるサイバー犯罪で逮捕者が続出
6位:Appleを装い、アカウント情報を詐取するフィッシング攻撃
7位:女性芸能人が利用するインターネットサーバへ不正にログインした無職男性が書類送検
8位:防衛省と自衛隊の情報基盤に対するサイバー攻撃報道
9位:女性タレントのメールサービスなどに不正接続した大手新聞社の従業員逮捕
10位:日本マクドナルドのシステムがマルウェアに感染し、ポイントサービスが利用不能に

(Security NEXT - 2017/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク