Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず

5月に世界で攻撃が確認され、国内でも話題を呼んだランサムウェア「WannaCrypt」。2016年から2017年にかけて発生したインシデントとしては、企業関係者における認知度がもっとも高かったが、それでも4割に満たなかった。

20171212_ma_001.jpg
櫻井氏

マカフィーが国内の企業経営者、情報システム担当者、一般従業員など22歳以上の男女1552人を対象にインターネットで実施し、結果を取りまとめたもの。2016年10月から2017年10月までに報道されたセキュリティ事件を挙げ、それらの認知度を調べた。

認知度がもっとも高かったのはランサムウェア「WannaCrypt」だが、36.7%にとどまった。2位は「Amazon」や大手宅配業者を装った攻撃メールで認知度は36.2%で続いた。

ランキングの性質上、マスメディアで大きく取り上げられた自称が上位を占めるが、大手メディアへの露出がそれほど多くない一方で、高い注目を集めたのが、3番目に高い認知度となった無線LANのセキュリティプロトコル「WPA2」における実装の脆弱性「KRACK」だった。

マカフィーのセールスエンジニアリング本部で本部長を務める櫻井秀光氏によれば、「経営層の注目は低いものの、特にIT管理者からの注目度が高かった」という。

(Security NEXT - 2017/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに