Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講

情報処理推進機構(IPA)は、「つながる世界の開発指針」を反映した教育教材を開発した。同教材を活用した講座を、情報セキュリティ大学で10月5日より開講する。

同機構では、2016年3月、自動車や家電をはじめとするIoT製品の開発において、考慮すべきリスクや対策についての指針をまとめた「つながる世界の開発指針」を公開。同指針の実装に必要となる知識や技術を習得するための、学生や社会人向けの教材を開発した。

同教材は、1コマ90分で15コマ分のシラバス、座学教材、技術演習課題および演習環境、教育効果測定ツールなどで構成される。

開発した教材を用いて講座を実施し、1年目はプロトタイプ教材を開発。教育効果測定の結果や技術動向などを反映して、2年目はフルセット教材を開発し、3年目はさらにブラッシュアップして成果を取りまとめる。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
消費者の7割は利益に関わらず個人情報の提供に慎重 - JIPDEC調査
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら