Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Joomla! 3.8」がリリース、脆弱性2件を解消

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Joomla!」の新版がリリースされた。2件の脆弱性を解消している。

新版となる「Joomla! 3.8」では、「同4」の互換性レイヤーを用意するなど、300におよぶ機能強化を実施したことにくわえ、「同3.7.5」以前に存在する2件の脆弱性に対応した。

そのひとつは、LDAP認証プラグインに関する脆弱性「CVE-2017-14596」。エスケープ処理が不十分な場合に、ユーザー名やパスワードが漏洩するおそれがある。重要度は「Medium(中)」。

またSQLクエリにバグが存在し、情報漏洩につながるおそれがある脆弱性「CVE-2017-14595」が判明した。重要度は「Low(低)」にレーティングされている。

(Security NEXT - 2017/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ
Zohoの複数ネットワーク監視製品にRCE脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す