Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査に協力した患者のカルテを従業員が不正に閲覧 - バイエル薬品

バイエル薬品は、服薬に関するアンケート調査に協力した患者のカルテを、従業員が不適切に閲覧していたことを明らかにした。事実関係や原因について検証を進めている。

同社によれば、2012年と2013年に同社が実施したアンケート調査において、同調査に協力した患者のカルテの一部を、従業員が無断で閲覧していたもの。

同調査は、血栓症治療薬の形や服薬回数など服薬に関する嗜好について、実際に治療薬を使用している患者を対象に聞き取り調査を行ったもの。調査結果は国内の医学誌へ一時掲載されていた。

一方、同調査において、協力した患者のカルテの一部を、データ転記のために従業員が不適切に閲覧。さらに同調査では、実施主体が同社であることについて、書面上明確にされていなかったことから、2016年1月に医学誌から取り下げられている。

同社では、外部の専門家と協力して原因や経緯、事実関係を調査し、結果を公表するとともに、従業員の教育を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2017/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
職員が患者カルテをインスタ投稿、個人情報が残存 - 仙台市立病院
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
臨床研究で検査機関に個人情報を誤送付、すでに削除済み - 愛知医科大
患者情報入りUSBメモリを一時紛失 - レンタカー内部で発見
一部紹介状が所在不明に、診察に影響なし - 八女総合病院
カルテを誤廃棄、情報流出は否定 - 横浜市中部地域療育センター
持ち出した患者情報が医師宅で盗難 - 神奈川県立こども医療センター
患者情報を記録したカメラが所在不明 - 立川病院
臨床研究で患者データ漏洩、オーサーシップ問題から発覚 - 順天堂大