Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5358番ポートへのアクセスが増加、「Mirai」と異なるIoTボットネットか

20170322_np_002.jpg
警察庁によるTCP 32番ポート、3232番ポートのアクセス件数(画面上)、TCP 19058番ポートに対するアクセス件数(画面下)

一方「Mirai」に関しても、2月初旬よりTCP 32番ポートと3232番ポート、およびTCP 19058番ポートに対しても、それぞれ亜種が原因と見られるアクセスの急増を同庁では観測している。

TCPシーケンス番号と宛先IPアドレスが一致するアクセスがいずれも99%を占めていたほか、発信元のIPアドレスはネットワーク機器だったという。

IoT機器が不正アクセスなどへ悪用されないよう、同庁では初期設定のパスワードを変更し、第三者に推測されやすいパスワードを避けるなど、セキュリティ対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大