Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5358番ポートへのアクセスが増加、「Mirai」と異なるIoTボットネットか

警察庁は、TCP 5358番ポートに対するアクセスが1月下旬より増加しているとして注意喚起を行った。マルウェアへ感染したIoT機器が発信元とみられている。

20170322_np_001.jpg
TCP 5358番ポートに対するアクセスの推移(グラフ:警察庁)

同庁によれば、観測システムにおいて1月23日ごろよりTCP 5358番ポートに対するアクセスが増加しているという。発信元のIPアドレスを見ると、ベトナムや台湾、ブラジル、韓国、トルコなどが中心。発信元の52%が、telnetで利用するTCP 23番ポートに対してもアクセスを行っていた。

同庁が発信元IPについてブラウザで接続すると、いずれもネットワークカメラやルータなどネットワーク機器のログイン画面が表示される状態で、IoT機器がマルウェアへ感染し、攻撃の踏み台に利用されていると同庁では分析。

IoT機器へ感染するマルウェアとしては「Mirai」が有名だが、今回観測したアクセスでは、TCPシーケンス番号と宛先IPアドレスが一致する「Mirai」の特徴とは異なり、別のマルウェアが感染している可能性があるという。

(Security NEXT - 2017/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる