Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

廃棄公文書が収集時に飛散、一部未回収の可能性 - 大阪市

大阪市において、事務関連の廃棄書類を業者が収集車に積み込む際、強風に煽られ一部が飛散していたことがわかった。一部未回収の可能性があり、記載内容などもわからないという。

20170223_oc_001.jpg
事態を公表した大阪市

同市によれば、2月20日11時ごろ、同市契約管財局で保管期限が満了した公文書などを、ショッピングモール「オーク200」の作業スペースで、売り払い先である事業者がごみ収集車への積み込みを行ったが、その際に一部書類が飛散した。

事業者で回収を進めたが、同日11時半ごろ住民から書類を拾得したと連絡があり、完全に回収できていないことが判明。同市の職員も現場周辺を捜索し、飛散している書類を確認、回収している。

今回のケースでは、飛散したすべての書類を回収できたか確認できない状態で、個人情報など未回収の書類に記載されている内容についても把握できない状態だという。

(Security NEXT - 2017/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
国民審査の投票録を保管期限前に誤廃棄 - 板橋区
職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス