Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」

20160929_fe_001.jpg
岩間氏

同社執行役副社長の岩間優仁氏は、長期化の原因について、「ヨーロッパ、中東、アフリカ地域」においてはイランやシリア、ロシアなどの活動が影響しており、さらに日本などアジアでは、中国や北朝鮮との関係で侵害を受けるなど、地政学的な対立が背景にあると説明。

くわえてアジア太平洋地域に関しては、セキュリティに関する知識が乏しく、専門的な人材の不足があるという。

さらに同氏は、同地域におけるセキュリティ対策の姿勢についても言及。「ISO 27001など基準に適合していればよいと判断し、本質的な対策を講じていないケースが多く見られる」と指摘した。

また米国に比べて情報開示が進んでいないことも、発見まで時間を要していることに影響していると述べた。セキュリティ侵害を組織内部で発見したケースは45%にとどまり、全世界平均の53%を8ポイント下回っている。

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE