Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月のDDoS攻撃件数、前月から2割減 - IIJレポート

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、3月に同社のサービスやバックボーンで観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。攻撃件数は前月を下回り、1Gbpsを超える攻撃もなかった。

同社によれば、3月に観測したDDoS攻撃は222件。前月の284件から21.8%減少した。2023年10月以降、300件を下回る状況が続いている。1日あたり平均7.6件の攻撃が観測された。攻撃件数は日によって差があり、多い日では16件にのぼる。

期間中、もっとも規模が大きかった攻撃はHTTPフラッド攻撃で、約6万ppsのパケットにより612Mbpsのトラフィックが発生した。前月は約690万pps、71.1Gbpsの攻撃が観測されたが、攻撃規模も縮小している。

もっとも長時間継続したのもHTTPフラッド攻撃によるもので、1時間41分にわたり継続。最大で117Mbpsのトラフィックが発生したという。

20240430_ii_001.jpg
DDoS攻撃の発生推移(グラフ:IIJの発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2024/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応