Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月のDDoS攻撃、54Gbps超の攻撃を観測 - IIJレポート

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、4月に同社のサービスやバックボーンで観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。攻撃件数は前月を上回り、54Gbps超の攻撃も観測したという。

同社によれば、4月に観測したDDoS攻撃は239件。前月の222件から7.7%増加した。増減は見られるものの、2023年10月以降、300件以下で推移している。

1日あたり約8件の攻撃が観測された。日によってばらつきが見られ、10件以上攻撃が観測された日は10日あり、多い日では19件の攻撃が発生している。一方5件以下の日も8日あり、1件しか観測されない日もあった。

期間中、もっとも規模が大きかった攻撃は、「WSD(WS-Discovery)」「SADP」「CoAP」など複数のプロトコルを組みあわせたリフレクション攻撃だった。約526万ppsのパケットにより54.9Gbpsのトラフィックが発生。前月の約6万pps、612Mbpsを大きく上回っている。

もっとも長時間継続したものも同攻撃で、39分にわたり継続したという。

20240603_ii_001.jpg
IIJによるDDoSの観測状況(グラフ:IIJの発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2024/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
高齢者名簿が入ったリュックが電車内で置き引き被害 - 青梅市
WP向けeコマースプラグイン「Dokan Pro」にSQLi脆弱性
ドライブレコーダーに異なる容量のカード、盗難か - 大阪市
「Firefox 127」が公開 - 脆弱性15件を修正
Fortinet、複数製品の脆弱性を修正 - VPN回避にも注意を
ビデオ会議アプリ「Zoom」にDoS脆弱性 - 最新版に更新を
Google、「Chrome 126」を公開 - 複数脆弱性を修正