Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット公開が危険と感じる個人情報は「携帯電話番号」「顔」

利用率や、情報を公開している割合がもっとも高かったのは10代後半から20代前半の女性。日本全国を8つの地域に分けて地域ごとの傾向を比較したところ、九州地区が公開する割合が高い一方、北海道や東北は、南の地域に比べて個人情報を公開している人が少なかったという。

また、全体の37%がインターネットを通じて何らかのトラブルを経験していることがわかった。トラブルで多かったのは「身に覚えのない請求連絡があった」で18%。そのうち6人に1人は実際にお金を払っていた。年代別に見ると、10代後半で男女ともにトラブルの経験率が高い。

(Security NEXT - 2016/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加