Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんが1.5倍強、ランサムウェア感染のDBD攻撃なども - DoS攻撃は約8倍に

悪用されていた脆弱性は、「Adobe Flash Player」や「Internet Explorer」「Silverlight」に関するもので、1月に修正されたばかりの「Silverlight」の脆弱性「CVE-2016-0034」も悪用が確認されている。

フィッシングサイトに関しても、474件から645件へと増加。さらに全体から見ると件数は少ないものの、DoSおよびDDoSの報告が、前四半期の11件から86件へと約8倍に拡大した。

マルウェアサイトも84件から100件へと増加。一方、標的型攻撃は12件から6件へと半減している。

(Security NEXT - 2016/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に