Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんが1.5倍強、ランサムウェア感染のDBD攻撃なども - DoS攻撃は約8倍に

2016年第1四半期のインシデント件数が、前期より3割増となったことがJPCERTコーディネーションセンターのまとめによりわかった。

同センターが、同四半期に発生したセキュリティインシデントを取りまとめたもの。同四半期のインシデントは4143件となり、前四半期の3169件から31%の増加となった。

月別に見ると、1月が994件だったのに対し、2月に1410件、3月に1739件と期末に向けて増加傾向が続いた。同センターによる調整件数は44%増となる2955件。

20160414_jc_001.jpg
ウェブ改ざんの月次推移(グラフ:JPCERT/CC)

インシデントの内容を見ると「スキャン」が1654件で最多。次いで多かったのがウェブサイトの改ざんで1268件。前四半期の826件から1.5倍強へと増加した。

前四半期に引き続き、コンテンツマネジメントシステム(CMS)を使用するウェブサイトにおいて、改ざんが多数発生しているという。改ざんサイトからJavaScriptにより外部サイトへ誘導、脆弱性を悪用し、ランサムウェアやアカウント情報を窃取するマルウェアへ感染させるドライブバイダウンロード攻撃が行われていた。

(Security NEXT - 2016/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加